<   2007年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧


f0002295_1311729.jpg

また 行っちゃったんですよ、
「ジェフミルズ」
f0002295_13205768.jpg

すごい いいよ。
パシャは うちから徒歩2分なんでー
そりゃーもう 最高の立地でー
めちゃめちゃ  もりあがったよおー
f0002295_13214411.jpg

最近、ちょっと ナンパ箱に なりさがりつつ あった パシャだけど
DJのラインナップが 案外よくてねー

けっこう どれも チケット高め。
商売してますわ。

ジェフも、日本で行ったら
ま、4ー6千円とか しちゃうんじゃないんでしょうか?
それが、、、
入り口で「踊るでしかし」って言ったら
ただに なったーー♪♪

なんか 恒例なの。
どういう 関係なんでしょうか?
ジェフの奥さんは 日本人というこだし
日本フリークなのか? 

ま、 そんなこと どーでも いいんだけど、
とりあえず
ただ ただ  楽しかったんで
 この場をかりて 御礼。

しいて 難をいえばー
フロアでガンじゃすいまくり な人がいてー
あの 匂いは どうも苦手、、、
さらに ドラッグやってる 日本人もみかけちゃって おいおい(悲)

私は ノードラッグなので
そこんとこ よくわかんないんだけど
ま、テクノにありがちの 光景なんでー(つうか、クラブにありがちの光景?!)
さわらず  かかわらず なかんじで 、、

プレイ 中の彼は
いたって クールで ございました。
素でも 神様のプレイには  酔えますからーーー
f0002295_1321251.jpg


次はいつかな??
[PR]
かねてから、私がリスペクトしている
プロップススタイリストの ストックトンの
インストレーション展示がありました。
f0002295_15241410.jpg


ストックトンは、サックスフィフスのディスプレイデザイナーから
プロップススタイリストに転身しただけあって、
ただ、家具を借りてきて、並べるだけじゃなく
手作業によるオリジナルセット、その 創造性は お見事!
f0002295_15275274.jpg

とくに、彼女のシグネイチャーでもある
ペーパーワークには、私も超胸きゅんだ。
これ、ただの白いバック紙を 切り抜いたものなんです。
まじ、感動します。
f0002295_15283878.jpg

本当は 準備を手伝いたかったんだけど
時間があわず、、、断念。
f0002295_15323293.jpg

会場になった AT&Tビルのテラスからの景色も
これまた 絶景でしてねえ、、、
f0002295_15303184.jpg

やっぱり、ショーは、会場選びもセンスのうちだね。
f0002295_15311263.jpg

f0002295_15345083.jpg

感性、洗われる感じしましたわ。ほんまに。
f0002295_15314475.jpg

[PR]
ミートパッキングディストリクトの 
アーネストソーンのショップで
知るヒトゾ知る ヴィンテー加工職人集団、
「SPORTED HORSE」と アーネストソーンの
コラボデニムのお披露目 パーティーがありやした。
f0002295_12461639.jpg


デニムのかわいこちゃんも、たくさん来てたので、
おもわず パチり。
f0002295_12492797.jpg


こういうの、ボーイフレンドデニムって 言っていいのかしら(笑)
f0002295_12503766.jpg


ワイドが流行るといわれているけど、
まだまだ スキニー率 高しだなあ。
f0002295_12515690.jpg

スリムにヒールあわせるのが、80’sぽくて かわいいっ。
とくに、ブライトカラーがいい感じーー☆☆

つうかあーーー、 なんかカップル 多くないか?!(妬)
ま、 メンズ/レディス 揃ってるんでー
デートでも 気軽に立ち寄れるつう ことだすな。

でもって、
なまバンド演奏あり。
f0002295_1254413.jpg


協賛のサッポロビール飲み放題!
ちなみに、 L&Lの ケータリングも でてきて
ハワイアンなかんじで うまかったあー!
(けっこう 食べた- ふうっ、、、 って、何しに いっとんじゃい、、、、)
f0002295_12561445.jpg


以前、取材でも お世話になった リズ発見!
彼女自身のブランド obesityandspeedも調子いいみたいだ♪
f0002295_12581587.jpg


 日本のデニムは 品質的にも 認知されているので
NYの こだわりやさんつうか、 デニムをわかってるヒトには
うれしいコラボかもしんない。

日本人が その行程にたずさわっている 
というだけでもブランド価値は あるし、、、
リアルな風合いは  本物志向な 人たちの間で 人気出そうだね。
f0002295_139533.jpg


あたいも、この夏は、、、ヴィンテージサーフな感じで 責めようかな。。。
f0002295_13113484.jpg


スパムロールと春巻き たくさん食べちゃったんでー
まじめに レポートしてみました。(笑)
[PR]
こないだから、ばたばたしていた 撮影が終わったー

予想以上に、いい仕上がりになってー
2年連続で、この企画はトビラいただきだ♪

取材したエディターの彼氏は、
なんと、あのミルクスタジオのオーナーがだった。

やっぱ 有名誌の エディターともなると
彼氏もそれなり だよなあ。。。
ミルクスタジオといえば、マンハッタンでも
おしゃれな スタジオのひとつだし、、、

撮影にきて知り合ったんだとさーー
うらやま〜〜〜

撮影終了後、彼のいる 謎のスタッフルーム
(つうか、社長室?)へ侵入。
残念ながら  写真は撮れなかったけど、、、、、

しかも けっこうへとへとだったので
きちんと 挨拶しないで 帰ってきちゃったけど、
きっと、顔も広いんだろうなーー
もっと お友達になっておけば よかったなああ、、、

とか 思いながら
ささいなことでも 撮影は楽しいと 実感。
ま、終わってしまったから  言えることなんだろうけど、、、

それにしても 久々にいったミルクスタジオは やっぱり
いい感じだね。
夜になっちゃったんで お外あんまり 見えませんが
まじ 絶景だよ。

f0002295_17491610.jpg

[PR]
タックスリターンの締め切りで、
ダウンタウンの 会計士の事務所に行った。

久々のロウア−イーストサイドに来ましたが。
つうか、 最近、ばたばたしていたので、
四季のうつりかわりにも うとくなってしまった。
いかん、いかん、、、、

先週末はワシントンDCの花見にも
行き損ねた。
ずーっと天気わるかったんでね、
つうか、豪雨でしたからね。
桜も散ったかな。。。
つうか、NYは これからなのか?

でも、、、
コレは何?桜なの?
もう、枯れてしまったのかしら、、、、
f0002295_12372662.jpg

[PR]
バーチャルウィンドウショッピング  
ミラノ篇を お届けしまあーす♪
セレクトは 独断と偏見ですので あしからず。
f0002295_13583156.jpg

f0002295_13593265.jpg

f0002295_1405631.jpg

f0002295_1422934.jpg

f0002295_1431544.jpg

f0002295_1465687.jpg

f0002295_1474610.jpg

f0002295_23375877.jpg

f0002295_23384674.jpg

f0002295_23402262.jpg

f0002295_2341714.jpg

f0002295_23441586.jpg

f0002295_23452142.jpg

f0002295_23455873.jpg

f0002295_23464833.jpg

f0002295_23474526.jpg

f0002295_2348419.jpg

f0002295_2349364.jpg

f0002295_23504467.jpg

f0002295_23512231.jpg

f0002295_23521880.jpg

f0002295_2353161.jpg

f0002295_2354525.jpg

[PR]
打ち合わせするって 決めてからも
やれ 歯医者だー 編集長に呼び出されたーだで
アポの時間が 2転3転しつつも
いよいよ まちにまった 打ち合わせの日

そう 編集部のはいっている 建物は 
いつも 前を通り かっこいいなあーーと
思っていた ビルのひとつなので
超楽しみだ。るんるん。
ビルに潜入するだけ なのに、、、うかれている私(笑)

受付で フォトIDの提示し、アポイント先のエディターに
コンタクトがとられる、、、

と、ふと見ると、アンハサウェイばりに かわいい子が
おなじく 受付に、、、
堂々と 自身満々に 自分の名前いってたけど
どうやら アポなしで  誰かに面会しようとしているくさく
足止めくらってる

受付にIDを 求められるも、
今日は もってないわー みたいな そぶり、、、
じゃあ クレジットカードは? って 聞かれ
それも もっていないんだとさ。
なんか ドレスクラッチと 封筒だけもってて
そのクラッチ 何はいってんの?? カードももってないって 
あんた何者??、、、
みたいな。。。

思わず 気になって観察 (つうか かなりガン見)
結局 その、なんちゃって アンハサウェイはは ロビーのソファに
 座らされることに。。。
あらら。

察するところ、 レジメかなんかを 見せにきた
単なる 学生かなんか かなああ、、と 思った。
受付のおじちゃんも おばちゃんも
この手の リクルーターには 慣れているようで
淡々と対応している、、、(笑)

あきらかに 見た目は
私のほうが その場にふさわしくないのでは(汗) と思ったが、、、、

その後、受付の おじちゃんが 私の名前が 読みずらいとか
どっちが 名字だとか 雑談はいりながら 
「はい 君は ちゃんと 通行証でるから 心配しなくて 大丈夫だよー」
 みたいなかんじで
「館内にいるあいだは コレ携帯しててね」
と またしても ちょい おこちゃまバージョンな対応はいってー
エレベーターの 乗り方まで 教えてもらい 階上へ、、、
つうか、 エレベータの乗り方も ふつうと 違ったんだよん、、、

長いエスカレーターに乗るとf0002295_1511055.jpg
受付の おっちゃんが 遠くから
「がんばってこいよ」 ばりに 私の事を見送ってくれていたので
「いってきまーーす」の 意をこめて  バイバイと手を振ってみた。

んなわりに
打ち合わせは 15分くらいで ーーー
まあー 仕事出来る人は
話が はやいんで、
ぱんぱんぱーんと いろんなことがきまり
「んじゃ 月曜日ねーー」ってかんじで
あっけなく 終わった。

f0002295_15058.jpg
受付のおじちゃんに 終了のVサインをして  
ゴージャスなビルを後にしたのでありました。
[PR]
続きです。
なになにーー
なんなのようおおーーアメイジングとか いっておきながら
いきなり 消極的やんけーー !
私の 書いた企画書に なにか気に入らない点でも?? 
、、、どきどき。

私「月曜まで LA?? 大丈夫です!! 締め切りは水曜だよ!」
エディター「本当の締め切りは いつ?」
どき。す、するどい、 
そうなんだ  じつは みんな 多少さばよんで おしえるのだ、、

私「本当に、、、す、水曜だけど、、、、日本時間では 木曜なの、、、」
(本当なのに、なぜか ちょっとどもってしまう  小心な私、、、汗)

エディター「じゃあ、、、月曜の夜なら なんとか、、、、」
私「そ、それで 大丈夫ですけど? 月曜中に撮影できるなら なんのモンダイもないです。LAから戻られてお疲れじゃないんですか? 火曜日とか、水曜も早い時間なら いいですよ、、、」

なんだよ、 よゆじゃねえか、、、
 さっさと イエスって いってくれよなあー まったく
と 思っていたら、、、

エディター「今週じゃないわよ、来週の月曜よ」

私「え”」

出たあーーーーしめきり ずらせってことかーー?
ていうか、、この仕事うけたくなくて 嫌がらせしてんのか?? 
みたいな、、、、

エディター「それでも よかったら 連絡ちょうだい、 あなたを ふりまわして すごく気が引けるわ、、、 でも もしまにあわなければ またの機会にー 延期できるなら すぐ連絡してね」 
みたいな かんじで
なんか  配慮してくれてるのか? 
やりたくないのか? わかんない文面( 汗笑)ーー;

で、ひとまず 交渉終了ー
その晩、日本の編集者に相談したら
「GO」サインが出た。

ふつうなら ここで、ほけんかけるなり、なんなりで
「誰か あんぱい/確実な人 いませんかねえ??? 」
なんて なったり しそうな もんだけど
今回の担当者は  私を信頼してくれているうえ、
けっこう 好きにやらせてくれる。
仕事のペースが すごくあう人。
つまり こういう人と組むとー
仕事がしやすいー
私もはりきるー
あがりがいいー
結果
いい ページになる と
 相乗効果があるのだん♪

私もとりあえず、 かわいいページが作れる自身がある。

ということで、締め切りを 約1週間 遅らせて撮影決行!

さっそく「 延長決定! あなたを撮影させてください!」のメールをうつ。
で、さらに 無視させること 3日、、、

もしかして、予想外の展開に、先方はあせっちゃってる?
これでどたきゃんは ナシだよーーー
とか 思いながら、、、 
「あなたのスケジュールにあわせて撮影は延期されましたー」 
メールを ストーカーのごとく 送る (笑)

有無も言わさず
「撮影前までに 記入しといてね」と アンケートも送りつけて。
もう、「できなくなった」なんて  いわせないぞ! ってな かんじで、、、

が、しかし、 これも また せっかちな  日本人の 取り越し苦労でね。
ただ、LAから 帰ってきて ばたばた してた だけみたい。
能天気な アメリカ人に 電話したら 超のりのりでーー

なぜか 撮影の前に うち合せをすることに、、、

おいおい そんな時間あったら 撮影させてくれよーと
思ったりもしたが、、、
彼女の働くオフィスに おじゃますることに、、、
なんだか ちょっと それも 楽しみでもある。

とにかく ほっとしたー というか
人が聞くと なにそれー みたいな なんでもないことなんですが
今 すっごく 嬉しいんですよ。

f0002295_13452660.jpg

いやあー ポンペイから 戻って以来、
オリンポス12神が 前世か守護神じゃないかと
勝手に思い込んで いる 私
f0002295_14325156.jpg

 まもられてる感じすんのよねえーーー
[PR]
某雑誌のお仕事で、「エディターのプライベートスタイル公開!」
みたいな企画を担当することに、、
で、何人か候補をあげて、日本の編集者に提案したところ
私が第一希望でおしていた  フッションエディターに決定!

じつは 彼女のことは
フアッションウィーク中から、気になっていたし
もちろんスナップしたことがあるので 顔見知りだ。
 性格もよくて、ノリもよいうえに
かわいくて おしゃれときたもんだ。(ほめすぎ?笑)

さっそく 交渉開始ーーーーーー
最初の一週間は 無視ーつうか
ひたすら 留守電に残すが 無反応、、、
1週間すぎると 私も さすがに ちょっと焦りだして、
1日2回くらい 電話したりして、、、汗

で、日本だと、編集者は午後出社っていうイメージがあったけど
あんがい みなさん 朝からはたらいていらっしゃった@@
で、まもなく 2週間という ある日 ついに接触成功
しかも いきなり 直で電話とられちゃつて ちょっと びくっとしたが、、、
私「留守電 聞いてもらえましたか?」
エディター「え??なんのこと??」
これだよーーまじい??  

なんか しつこくして 悪かったな、、、みたいな 遠慮は無意味だった。

で、取材内容を 説明したら
「アメイジング!」って 興奮してた、、、、好感触〜
さっそく 詳細を メールで送ることにして
返事をまったが、、、

それいらい また ぱったり 連絡がとれなくなった、、、汗
待つ事 3日
しびれを きらして 連絡したら
「あーー今みたー  すぐ返事するから 待っててー」と言われ
さらに 数日後、待っていたら メールが1行。

「今、LAにいます、戻りは来週の月曜日です。 あなたの提示する締め切りに、間に合わない、、、んじゃない?」 といってきた。


つづく。。。。

f0002295_14102046.jpg

注>写真は本文とは一切関係ございませんーーぺこり。
[PR]
f0002295_64595.jpg

書きたいことが どんどんたまってしまってー
イタリア旅行のことを なかなか アップできないまま
毎日が めまぐるしく 変化していく。

率直いうとー
イタリアに行った事で、よかったこと の ひとつはーー
あらためて「NYが好き」であると確信してしまった ことかもしんない。
で、帰国以来、何をやってても 毎日が楽しいのだ。

じつは イタリアに行く前に
老後はイタリアもいいかなあー なんて、
ちょっと 不埒な考えをもちー下見も兼ねていったんだけど、、、、
イタリア滞在中は そんな 移住心をみじんも かんじなくて、
それどころか NYと くらべれば 比べるほど
NYが いいのである。
、、、もちろん、 イタリアは大好きな国のひとつだし
東京にいたときは NYより 好きだった

でも、、、住むとなると 話は別なようだ。
私が住むべきところはNYであり
NYが わたしにとって 自分のペースでいられる場所なんだと
再確認した。
街の速度?テンポ?ーーみたいなものが、あってるのかも。
はやい 話、快適なのよ。

とはいえ、 出国まえは
ほんとう、NYにたいして
まったり モードでね、
何を やっててても 刺激なく
失礼にも「もう飽きた」発言 しちゃってた
(渡米4年目にしてーーー)

まだまだ 見てないとこ,感じてないとこが
たくさん あるのにさーー なんてことだ、、、
私ったらーーと 反省しきり
ということで、 寸暇をおしんで
NY、そして この巨大大陸アメリカを
少しずつ  あじわっていこう
あらたに 決心したのであった 、
で、
この日記の 本来の趣旨にもどって、
私が いかに 人様が「 どーでもいいこと」 と通り過ぎる
なんでもない日常に
いちいち  たちどまって感動してしまい、
好きなことになると、我をわすれて没頭してしまう
幼稚園児なみの感受性をもつ、右脳人間だということと、 
動物的臭覚だけで、
この異国の土地で 生きていけている 七不思議を
 ひきつづき、お伝えしていこう。
[PR]
by d-honey | 2007-04-10 06:04 | ABROAD