小さな歓び 後編

続きです。
なになにーー
なんなのようおおーーアメイジングとか いっておきながら
いきなり 消極的やんけーー !
私の 書いた企画書に なにか気に入らない点でも?? 
、、、どきどき。

私「月曜まで LA?? 大丈夫です!! 締め切りは水曜だよ!」
エディター「本当の締め切りは いつ?」
どき。す、するどい、 
そうなんだ  じつは みんな 多少さばよんで おしえるのだ、、

私「本当に、、、す、水曜だけど、、、、日本時間では 木曜なの、、、」
(本当なのに、なぜか ちょっとどもってしまう  小心な私、、、汗)

エディター「じゃあ、、、月曜の夜なら なんとか、、、、」
私「そ、それで 大丈夫ですけど? 月曜中に撮影できるなら なんのモンダイもないです。LAから戻られてお疲れじゃないんですか? 火曜日とか、水曜も早い時間なら いいですよ、、、」

なんだよ、 よゆじゃねえか、、、
 さっさと イエスって いってくれよなあー まったく
と 思っていたら、、、

エディター「今週じゃないわよ、来週の月曜よ」

私「え”」

出たあーーーーしめきり ずらせってことかーー?
ていうか、、この仕事うけたくなくて 嫌がらせしてんのか?? 
みたいな、、、、

エディター「それでも よかったら 連絡ちょうだい、 あなたを ふりまわして すごく気が引けるわ、、、 でも もしまにあわなければ またの機会にー 延期できるなら すぐ連絡してね」 
みたいな かんじで
なんか  配慮してくれてるのか? 
やりたくないのか? わかんない文面( 汗笑)ーー;

で、ひとまず 交渉終了ー
その晩、日本の編集者に相談したら
「GO」サインが出た。

ふつうなら ここで、ほけんかけるなり、なんなりで
「誰か あんぱい/確実な人 いませんかねえ??? 」
なんて なったり しそうな もんだけど
今回の担当者は  私を信頼してくれているうえ、
けっこう 好きにやらせてくれる。
仕事のペースが すごくあう人。
つまり こういう人と組むとー
仕事がしやすいー
私もはりきるー
あがりがいいー
結果
いい ページになる と
 相乗効果があるのだん♪

私もとりあえず、 かわいいページが作れる自身がある。

ということで、締め切りを 約1週間 遅らせて撮影決行!

さっそく「 延長決定! あなたを撮影させてください!」のメールをうつ。
で、さらに 無視させること 3日、、、

もしかして、予想外の展開に、先方はあせっちゃってる?
これでどたきゃんは ナシだよーーー
とか 思いながら、、、 
「あなたのスケジュールにあわせて撮影は延期されましたー」 
メールを ストーカーのごとく 送る (笑)

有無も言わさず
「撮影前までに 記入しといてね」と アンケートも送りつけて。
もう、「できなくなった」なんて  いわせないぞ! ってな かんじで、、、

が、しかし、 これも また せっかちな  日本人の 取り越し苦労でね。
ただ、LAから 帰ってきて ばたばた してた だけみたい。
能天気な アメリカ人に 電話したら 超のりのりでーー

なぜか 撮影の前に うち合せをすることに、、、

おいおい そんな時間あったら 撮影させてくれよーと
思ったりもしたが、、、
彼女の働くオフィスに おじゃますることに、、、
なんだか ちょっと それも 楽しみでもある。

とにかく ほっとしたー というか
人が聞くと なにそれー みたいな なんでもないことなんですが
今 すっごく 嬉しいんですよ。

f0002295_13452660.jpg

いやあー ポンペイから 戻って以来、
オリンポス12神が 前世か守護神じゃないかと
勝手に思い込んで いる 私
f0002295_14325156.jpg

 まもられてる感じすんのよねえーーー
[PR]
by d-honey | 2007-04-11 14:15 | BACK STAGE